レディー

入試の対策は医学部予備校で学習を!生徒に合せた勉強術

お医者さんに絶対になる

医者

一丸となって立ち向かう

純粋に高校生の数が多いので東京にはかなりの数の予備校があり、現役生や浪人生のほとんどが予備校に通って大学入試の対策をします。予備校の選び方として通いやすいかどうかがあり、自宅や学校から近ければ時間をかけずに到着できるので、シンプルに勉強できる時間をたくさん確保できます。また、同じ高校の友人などもいるのでおしゃべりなどをとして息抜きがしやすいのも長丁場の大学入試においては見逃せないポイントです。これに対して、医学部予備校のように自分が希望するカリキュラムのある場所を意図的に選ぶかたちもあり、目的の意識がはっきりしている分だけ学習効率は上がります。また、到達点が同じであると必要になる勉強量も近寄りやすく、生徒の間で温度差が生まれないのも医学部予備校の特質で、一丸となって入試に立ち向かっていけるので自分が本来持っているものよりも大きな力が発揮しやすいです。将来、医者になりたいとすでに決めている生徒には医学部予備校の方が向いています。

精神面をコントロールする

医学部予備校に集まってくる生徒は地域によって変わります。偏差値が高い最難関の大学にある医学部を目指すのならば東京にある医学部予備校が理想的です。東京近郊は交通の便がいいので東京在住に生徒だけではなく、お隣の埼玉・神奈川・千葉あたりからも医学部予備校を目当てにした生徒たちがやって来ます。医学部を目指す生徒の分母が増えれば成績が優秀な層の数も大きくなりますし、そのなかには全国でもトップクラスの学力を持った人がいるケースも見られます。学力を伸ばすために一番に必要なのが一生懸命に勉強をする点ですが、自分を厳しく追い込むためには強力なライバルの存在が不可欠です。成績を競い合える相手がいると無意識のうちに闘争心が湧いてきて、それが大きなモチベーションとなって勉強をする際のエネルギー源として機能します。大学入試を突破するためにはメンタル面をいかにコントロールするかも大切で、それを考慮すると東京にある医学部予備校は悪くない選択です。

専門校の強み

先生

確実に医学部合格したい場合は、医学部受験対策がきちんと行える専門予備校を選ぶことが重要です。名古屋の医学部専門予備校では、少人数のクラスや個別の指導で合格へと導いてくれます。授業料も常識的な範囲で明確であり決して高くはないのです。

読んでみよう

専門だからこそ

ドクター

福岡だけでも、医学部予備校は数多くあります。予備校に通っている期間というのは、勉強が第一ですが、やはり誘惑も多いものです。そこで、全寮制の予備校を選ぶという選択肢もあります。

読んでみよう

多様化する入試方法

面接

高校入試の面接の質問はその人の人柄を見るためのものです。まずは緊張しすぎないでハキハキと喋りましょう。志望動機や、入りたい部活などはかなりの確率で聞かれるので答えられるように準備をしておきましょう。あなたがその学校に入りたいという熱意を伝えることが大切です。

読んでみよう