製菓の資格取得を目指すなら|専門学校で食の職人になる

ケーキ

カフェの基本はコーヒー

コーヒー

バリスタは民間資格なので、必ずしも必要というわけではありません。しかし、信頼を得るためにもバリスタの資格は習得しておくべきだといえます。また、専門学校なら在学中に留学することも可能なので、より高い知識や技術力を身につけることができます。

読んでみよう

追求したいパン作り

パン

趣味の幅を広げたい人やパン屋さんを開業したい人はパンの専門学校に通うと適切です。パン教室でもパン作りについて学ぶことは可能ですが、よりパンを追求したい人は専門学校が適しています。

読んでみよう

人気カフェを経営する

カフェ

カフェを経営したいと考えている人は、カフェスクールに通ってさまざまな知識を習得しましょう。カフェスクールではカフェ経営のノウハウからさまざまな資格取得まで、幅広いことを習得できます。

読んでみよう

学校に通うメリット

学生

製菓の資格には大きく分けて3つあります。「製菓衛生師」「菓子製造技能士」「食品衛生責任者」です。製菓に直接的に関わっているのは製菓衛生師と菓子製造技能士です。食品衛生責任者は飲食店で必ず一人は身に付けなければいけない、食品の安全を守る資格です。将来菓子店やカフェなどを開きたい場合は習得しておきましょう。製菓衛生師の資格は国家資格になります。そのため、義務教育を終えた後、厚生労働大臣が指定した製菓衛生師養成施設で1年以上、知識や技能を習得した者が受験資格を得ることができます。もしくは、義務教育を終えた後、2年以上菓子製造業で働いた人も受験する資格が得られます。幅広い知識が必要になるので、独学で資格取得を目指すのはハードルが高いといわれています。専門学校に通うと合格率が大幅にアップします。

将来カフェを開きたい人や、コーヒーに強い思い入れがある人、自分好みのパンを追求したい人は、そのような専門学校やスクールに通うと適切です。近年、カフェが人気を集めているため、今ではカフェについて学べる専門学校やバリスタのスクールが増えています。また、食卓で出すパンを手作りしたいと考えている主婦や、趣味の幅を広げたい人からパンの専門学校は支持されています。また、専門学校なら一つの分野を極めることができるので、在学中から留学する人も多くいます。海外に行き、本場の味や技術を習得することで、世界にも適応できるプロを目指せます。さらに、語学も習得できるので外国人観光客にも対応できるカフェや個人店を開くことができるのです。